15 当事者が語る!『発達障害』ホントの所

申込No. / 16


タイトル 1

【発達障害を正しく知りたい方や、これから・既に当事者と関わるという方におススメ!】

最近、TVやインターネット、書籍などで『発達障害』について取り上げられる機会が増え、発達障害の当事者側としては嬉しい限りなのですが…
残念なことに偏った情報、そこからの思い込みや間違った見識・対応も多く散見されます。
間違った情報や見識を元にNGな対応をされてしまった当事者さんも実際に多く居り、私たち夫婦もその渦中に居ます。
例えば「発達障害=精神障害」「発達障害は治るもの」「発達障害の人はコミュニケーションの障害ゆえに人と関わりたくない」「発達障害だと打ち明けられた際に『そんな風に見えない』『そんな苦手は誰にでもある』と返答する」など…
これらの考えや対応は実は大間違いなのです。

これから先の時代は『多様性』メインの社会。
更には障害者雇用促進法の改正や障害者差別解消法に伴う合理的配慮などで、発達障害の当事者と関わる機会は意図せずとも更に増えてくることと思います。

この講座を通して「発達障害とはどんなものか」「当事者が見ている景色や受け取り方はどんな感覚なのか」そして「ADHD・ASDといった病名だけで決めつけるべきではない理由」など、『実際の発達障害当事者』夫婦が当事者目線や実体験をもとに『発達障害のリアル』をお伝えします。
発達障害について正しく理解するために役立てて頂けたら幸いです。

★講師ご依頼の際には事前に「こんな事を聞いてみたい」「これについては実際どうなの?」というような質問・疑問や解決したいテーマなどを詳細にいただけると、私たちとしては非常に話がしやすく内容も充実します。
どんな素朴な疑問でもウェルカム!遠慮せずなんでも質問してくださいね

【私たちについて】
発達障害(ADHD/注意欠如多動性障害)当事者同士の、得意も苦手も真っ向真逆な「円満凸凹夫婦」
*Kenちゃん:某有名企業で勤続30年の会社員。ADHDのタイプは不注意型で数字や図形を扱うのが得意、LD(学習障害)の傾向も有している。
*Tomoちゃん:毒親からの脱出やモラハラでの離婚など波乱万丈な人生経験&16年のキャリアを持つ占いカウンセラー。ADHDのタイプは脳内が多動で言葉を扱う事が得意

【メディア・講演など主な実績】
◆NHK総合『ココがズレてる健常者2』・NHK Eテレ『バリバラ』に発達障害当事者夫婦として出演
◆『Co-Co Life☆女子部』Vol.24(2018年6月発行)に夫婦でのインタビュー記事掲載
◆オリジナルウエディングづくり weco『障害を持つカップルが結婚式をするという事』ロングインタビュー記事掲載
◆「LITALICO仕事ナビ」夫婦で仕事に関するインタビュー記事掲載
●現在の活動は、奇数月に相模大野にて発達障害相談茶話会『月仲会(つきなかかい)』開催、インターネット生配信による情報発信など

受講料(税込) 120分程度 1人 1000円

<講師名>

Kenちゃん&Tomoちゃん

<講師住所>

相模原市南区

<開催方法>

自宅開催    できる

オンライン開催 できる

【諸注意】
交通費、通信費など別途費用がかかります。

申し込み受付期間を終了いたしました。詳細は事務局までお問い合わせください。

様式ダウンロード

ダウンロードページへ

カテゴリから探す

2021年度(50)